株式会社 キャステク 経歴


1946年(昭和21年) 創業者斉藤新太郎が個人事業として上田市に銅合金鋳造をを開始

1951年(昭和26年) (株)長野計器製作所(現長野計器(株))の上田市進出に伴い同社
             協力会社の会長事業所となる。アルミニウム軽合金鋳造を開始

1962年(昭和37年) 株式会社斉藤合金製作所として会社設立(資本金600万円)
             代表取締役に斉藤新太郎が就任

1970年(昭和45年) (株)長野計器製作所(現長野計器(株))と資本提携
             (資本金1200万円)

1971年(昭和46年) 資本金を1800万円に増資。機械工場を拡充する。

1983年(昭和58年) 資本金を4500万円に増資
             小県郡丸子町(現上田市長瀬平戸)平戸工業団地に用地を得得

1984年(昭和59年) 平戸工業団地に丸子工場を新設し、アルミニウム軽合金鋳造を開始

1985年(昭和60年) 社名を株式会社キャステクに改める
             代表取締役に関 文彦が就任

1988年(昭和63年) 上田市近郊、小県郡青木村に用地を求め本社工場を移転新設し
             銅合金鋳造の生産と機械加工を開始

1990年(平成2年)  100%子会社として潟Lャスメットを設立(資本金1000万円)
             本社工場を増設し自硬性鋳造を開始。大型アルミニウム軽合金
             鋳造が可能となる
1993年(平成5年)  潟Tンキャストに資本参加

1994年(平成6年)  本社工場に自硬性大型アルミニウム鋳造プラントを増設

2004年(平成16年) 資本金を7605万円に増資
             建設機械用トルコン翼車の増産体制を確立

2006年(平成18年) 本社工場に自硬性鋳造ラインの拡張及び砂型バラシ再生処理工場を新設

2012年(平成24年) 代表取締役会長に関文彦、代表取締役社長に増田公男がそれぞれ就任

2014年(平成26年) 100%子会社として潟潟bポーを設立(資本金3000万円)
             銑鉄鋳物を開始
















ホームへ

地  図

製品紹介

丸子工場

本社工場

役  員

業務内容

会社沿革

会社概要